サポートサービス

ここでは、SAPが提供している各種サポートサービスをご紹介します。各サービスについての簡単な説明とお申し込み方法を以下にまとめました。詳細はSAP サポートヘルプデスク (CIC) までご連絡ください。

SAP リモートサービスに関する問い合わせやご注文を実行するとすぐに、インボックス内の“サービスメッセージ”トレイに問合せ受付確認のメッセージが送信されます。サービスセッションの計画日付に応じて、日付確認、準備事項、セッションリマインダー、セッションレポートなどのサービスメッセージが随時送信されます。

SAP が提供する各種サービスのご案内

サービス名 サービス説明
Data Management & Landscape Transformation Solutions Data Management & Landscape Transformation (DM&LT) には、企業データに関連するあらゆるニーズに役立つ一連のソリューションが統合されています。DM&LT ソリューションによって、合併吸収、会社分割、組織再編、IT ランドスケープのデータ調整と統合など、さまざまなビジネス課題の解決を支援します。
SAP Advanced Audit for Customer COEs SAP Advanced Audit for Customer COE は、レポートやドキュメンテーションのための信頼できる唯一の情報源 (Single Source of Truth) を使って、Customer COE の優れた IT 運用プロセスと品質管理、および KPI(主要評価指標)主導の継続的改善プロセスについて実証します。お申し込みいただく際は、ご連絡先を Global ACCOE Backoffice までお送りください。
SAP EarlyWatch Alert SAP EarlyWatch Alert は、コアビジネスプロセスを確実に実行するための重要なレポートです。このレポートによって、SAP コンポーネントの重要な管理領域を監視し、パフォーマンスおよび安定性に関する最新データを取得することができます。
SAP EarlyWatch Check SAP EarlyWatch Check は、お客様が使用されているSAP ソリューションの各コンポーネント、オペレーティングシステム、データベースを対象として解析を行い、パフォーマンスを最適化し総所有コストを最小限に抑える方法を発見するためのサービスです。
Service Level Reporting サービスレベルレポートにより、お客様のソリューションランドスケープのシステムおよびビジネスプロセスにおける、個々のサービスレベルアグリーメント (SLA) の達成状況に関連したさまざまな技術的指標について、簡単に定期的なレポートを作成できるようになります。
サービスレベルレポートは、標準外の EWA レポートコンテンツや、お客様固有の警告しきい値などについてレポート機能を強化するための SAP EarlyWatch Alert の補完ツールとして使用できます。
SAP General Ledger Migration Service

SAP ERP の総勘定元帳(新総勘定元帳)は、近年 SAP ERP 財務会計アプリケーションで利用できるようになったいくつかの重要な新機能を含んでいます。新総勘定元帳へのマイグレーション実施や、新総勘定元帳への追加機能実装といったプロジェクトは決して軽視できず、データの技術的なマイグレーションはプロジェクトの中心となるパートです。お客様のシナリオによっては、稼動中のデータベースが大幅に変更される場合もあるため、履歴データが損なわれることがないよう保護する必要があります。そのため SAP では、こうしたプロジェクトの技術的な側面に対応するサービスを提供することで、マイグレーションプロセスが安全に実行されるよう支援いたします。このサービスは、新総勘定元帳プロジェクト全体を補完することを目的としています。お申し込みいただく際は、対応する質問表をダウンロードし、必要事項をご記入ください。ご記入後、 General Ledger Migration back office までお送りください。

SAP GoingLive Check SAP GoingLive Check は、SAP ソリューションの本稼動を順調に開始できるように、本稼動の前後に提供されるサービスです。この予防的なサービスを実施することで、システムやビジネスプロセス設定が最適化されていないことによって生じるリスクが軽減されます。技術的に安定した運用が導入初期から可能になるため、お客様は安全に業務を遂行できます。
SAP GoingLive Functional Upgrade Check ビジネス環境の激しい変化に応じて、ビジネスソリューションも絶えず適合させていく必要があります。そのため、ご利用されている SAP システムのアップグレードが必要になる場合もあります。アップグレードを容易に実行いただくために、SAP は SAP GoingLive Functional Upgrade Check を提供いたします。このサービスにより、お客様のシステムがアップグレード後の環境で効率的に稼動するための最適な状態を用意することができます。
SAP OS/DB Migration Check SAP ソフトウェアをご使用いただくライフサイクルのあらゆる段階において、オペレーティングシステムやデータベースの変更が必要になる場合があります。SAP OS/DB Migration Check は、このようなマイグレーションが成功するよう万全な準備を整えて、新しいプラットフォームでも引き続き安定した運用ができるように、お客様をサポートします。
SAP Recertification for ACCOEs SAP Advanced Re-Certification for Customer は、アドバンスト認定ステータスの検証と KPI ベースの Customer COE 改善計画に使用できます。このサービスの目的は、Customer COE の成熟度を高く保ち、かつ継続的改善を維持することにあります。お申し込みいただく際は、ご連絡先を Global ACCOE Backoffice までお送りください。
SAP Remote Performance Optimization SAP Remote Performance Optimization は、お客様のシステムパフォーマンスに大きな影響を及ぼすボトルネックに対処するためのサービスです。このサービスでは、SQL 文の最適化、カスタマープログラムの最適化、アプリケーション最適化、または SAP R/3 ベーシスの解析に的を絞って取り組みます。
SAP Security Optimization Service SAP Security Optimization サービスは、お客様がご使用されている SAP システムのセキュリティを確認し強化するためのサービスです。潜在的なセキュリティ問題を発見し、システムのセキュリティ強化に役立つ推奨事項をご提案いたします。
SAP Trust Center Services 証明書ベースの認証とシングルサインオン機能により、機密性の高い企業データを処理するアプリケーションのセキュリティを厳重に管理します。認証の委任、シングルサインオン、偽装などに関する確実な信頼関係管理のための手順は、ユーザー、システム、アプリケーション間のセキュリティギャップによるリスクをなくすために、事実上なくてはならない機能になっています。公開鍵基盤の中核をなす信頼できるトラストセンターは、デジタル認証情報を実際のユーザーに結び付けるデジタル証明書を発行します。SAP Cloud Trust Center の情報。
SAP Upgrade Weekend Support

※本サービスは現在日本では提供されておりません。

SAP Upgrade Weekend Support は、2 名の SAP サポートコンサルタントがリモートで実施するサービスです。アップグレードプロジェクトのスケジュールに合わせて SAP Upgrade Weekend Support をご利用になることで、アップグレードの本稼動当日におけるリスクを最小限に抑えることができます。通常、本サービスは、週末、連休、祝祭日にかけて実施されます。お客様のアップグレードプロジェクトチームを 2 名の SAP サポートコンサルタントが支援いたします。問題が発生した場合は、カスタマーメッセージの処理開始と、SAP のグローバルリソースとのすばやい連絡を、SAP サポートコンサルタントがお手伝いします。