SAP OS/DB Migration Check

オペレーティングシステムやデータベースのマイグレーションに関する包括サポート

SAP ソフトウェアをご使用いただくライフサイクルのあらゆる段階において、オペレーティングシステムやデータベースの変更が必要になる場合があります。SAP OS/DB Migration Check は、このようなマイグレーションが成功するよう万全な準備を整えて、新しいプラットフォームでも引き続き安定した運用ができるように、お客様をサポートします。

本稼動システムのマイグレーションを実行する場合は、SAP OS/DB Migration Check のご利用は必須 となります。このサービスを実施する際には、当該システムランドスケープに含まれるすべてのシステムが対象となります。

本稼動システムであるかどうかにかかわらず、マイグレーションのフルサポートをご希望される場合は、OS/DB マイグレーションに関して特別な認定を受けたテクニカルコンサルタントによるサービスを手配いただく必要があります。

お客様のメリット

SAP OS/DB Migration Check をご利用になると、オペレーティングシステムやデータベースのマイグレーションに伴う技術的なリスクを最小限に抑え、マイグレーション時に発生しうる予想外のコストを回避することができます。

このサービスには、以下のメリットがあります。

  • 最小限の費用で、マイグレーション後のオペレーティングシステムやデータベースを技術的に安定した状態で効率的に運用できます。
  • マイグレーションプロジェクトをスピードアップし、投資の早期回収につながります。
  • コストのかかるマイグレーション時のシステムダウンタイムを最小限に抑えられます。
  • システムリソースの最適利用により、最大限の IT 投資効果が得られます。
  • 稀にしか必要とならないマイグレーション関連の専門スキルをアウトソーシングできます。

分かりやすく記述された計画は、SAP が数千件のマイグレーション実績から得た経験に基づいており、お客様のマイグレーションを成功に導きます。これによって、マイグレーション後も、お客様の SAP ソリューションが、パフォーマンス、可用性、保守性において最適な状態で稼動するように準備を整えます。

内容

SAP OS/DB Migration Check は、オペレーティングシステムやデータベースのマイグレーションをスムーズに実行していただけるよう、お客様をサポートすべく特別に用意されたサービスです。保守契約書に記載のインストール番号で登録された SAP システムであり技術的にマイグレーションが可能なものであれば、このサービスを利用して SAP システムのマイグレーションを実行いただけます。このチェックは、解析セッションと確認セッションという 2 種のリモートセッションから構成されます。なお、不適切なカスタマイジングに起因してマイグレーション実施前から発生していた問題については、本チェックの対象外とさせていただきます。

解析セッション

解析セッションでは、現在のハードウェアが対象システムの要件を満たしているかをチェックします。このチェックは、本稼動システムのマイグレーションを実行する 5 週間前に、ソースシステムを対象として実施します。また、負荷分散について分析し、新システムの設定に関する推奨事項を提出いたします。このセッションでは、以下の項目をチェックします。

  • マイグレーションプロジェクトに関する問題
    • ソースシステムの環境に関する技術データ
    • 対象システムの環境に関する技術データ
    • マイグレーションプロジェクトのスケジュール
  • ハードウェアサイジングの妥当性
  • 負荷分散(必要に応じて最適化のための推奨事項を提供)
  • 新システムの設定
    • SAPシステムパラメーター
    • データベースパラメーター
    • ユーザーと負荷の分散
  • マイグレーション実施前のパフォーマンス
  • トランザクションプロファイル
  • ユーザー数とユーザー分散

セッションの結果はレポートで提出されます。このレポートは、プロジェクトを継続すべきかあるいは問題があるので中止すべきかという判断、ハードウェアリソースが十分かの判断、どのパラメータ設定がマイグレーションの成功に必要かどうかという判断を下すための基準としてご利用いただけます。

確認セッション

確認認セッションは、本稼動システムのマイグレーションから 6 週間後に、ターゲットシステムを対象として実施します。このセッションにて新しいオペレーティングシステムやデータベースを対象とする所定のシステムチェックを行い、解析セッションからの想定された設定内容について確認します。このセッションでは、潜在的なボトルネックを防ぐための修正措置の情報をご提供します。確認セッションでは、以下の項目を検査します。

  • マイグレーション前後における応答時間の比較
  • 新しい OS と DB の組み合わせを対象としたパフォーマンス分析
  • SAP の必須推奨事項がすべて適用されているかどうかの確認
    • SAP システムパラメーター
    • データベースパラメーター
  • ユーザーと負荷の分散
  • 負荷分散の最適化と潜在的なボトルネックの特定


本セッションの結果は、解析セッションと同様のレポートとして提出されます。前回のレポートと異なる点は、日常業務を反映するデータが含まれている本稼動システムを対象にしている点です。この最終レポートには、システム設定の確認結果、および改善に向けた追加推奨事項が記載されます。

サービス手順と前提条件

お客様とご相談のうえで実施日を調整します。なお、お客様には「準備」手順の完了をお願いしています。この手順には SAP Solution Manager の[SAP エンゲージメントおよびサービスデリバリ]ワークセンターからアクセスできます。解析セッションは、マイグレーションの 5 週間前に実施します。また、確認セッションは、通常、マイグレーションの 6 週間後に実施します。各セッションは独立しており、それぞれのセッションで具体的な推奨事項を記載した詳細なレポートが提供されます。後続のサービスセッションで効果的なチェックができるように、各レポートに記載された推奨事項を適用しておく必要があります。

SAP OS/DB Migration Check は、オペレーティングシステムとデータベースのマイグレーションにご利用いただけるサービスです。このサービスを十分に活用していただくために、SAP Solution Manager の導入を強くお奨めします。SAP OS/DB Migration Check は、ダウンタイムを最小限に抑えてスムーズなマイグレーションを実施し、マイグレーション後のパフォーマンスを最大限に引き出すためのサービスです。ただし、オペレーティングシステムとデータベースのマイグレーションは、多大な時間とコストを要するプロジェクトです。プロジェクト中に、SAP システムの可用性やパフォーマンスが低下する場合もあります。このような理由から、お客様には、ご使用のハードウェア、オペレーティングシステム、データベースのパフォーマンスを改善することに向けて、
ほかのあらゆる方法を事前に検討いただくことをお奨めしております。

あらゆる SAP システムの OS/DB マイグレーションは、以下のルールに基づいて行う必要があります。

  • マイグレーションは、OS/DB マイグレーションに関して SAP の特別な認定を受けたテクニカルコンサルタントが実行します。お客様の担当コンサルタントがこの認定を受けているかどうか不明な場合は、SAP サポートにお問い合わせください。
  • お客様とコンサルタントでプロジェクト計画を策定します。予想外の問題に対応できるよう、時間に余裕を持たせた計画にします。
  • 本稼動システムの場合は、SAP OS/DB Migration Check サービスをお申し込みいただき、システムに適用する必要があります。
  • このチェックを実施する際には、オペレーティングシステム、データベース、SAP ベーシスコンポーネント、マイグレーションツールに関する専門知識を有したお客様スタッフに協力いただく必要があります。
  • マイグレーションを実行する前に、お客様が選択したプラットフォームの組み合わせ(オペレーティングシステムとデータベース)が SAP でサポートされていることを必ずご確認ください。 詳しくは、製品マトリックス (PAM) をご参照ください。
  • 本稼動システムのマイグレーションの場合は、対象システムへのテストと最終的なマイグレーションを実行するために、対象システム環境を別途ご用意いただく必要があります。別の物理ハードウェア、ハードウェアパーティション、SAP サポート対象の仮想化のいずれでも可能です。新しい対象システム環境はソースシステムと同等以上のパフォーマンスを備えている必要があります。
  • マイグレーションが行われた本稼動ソースシステムは、最終的なマイグレーション完了後も通常は SAP OS/DB Migration Check の確認セッションが終了するまで、トラブルシューティングのために利用可能な状態を保つ必要があります。

OS/DB マイグレーションを実施する際に上記ルールのうち 1 つでも違反があった場合、SAP はマイグレーションプロセスの最中、または後にこの OS/DB マイグレーションが原因で対象システムに生じた問題に対するサポートのご提供をお断りする可能性があります。問題解決に SAP Active Global Support をご利用になる場合は、現行のリモートコンサルティング価格表に基づく料金が発生します。

また、SAP EarlyWatch Alert を実行することも強くお奨めします。このサービスはバックグラウンドで自動的に実行され、SAP Solution Manager にパフォーマンスデータを送信します。システムのパフォーマンスを継続的に測定するので、システムのボトルネックを早期発見するうえで役立ちます。

SAP OS/DB Migration Check は、ABAP スタックを使用するすべての SAP 製品を対象としてワールドワイドにご利用いただけます。
そのほかのすべての製品については、SAP OS/DB Migration Check をご利用にならなくてもマイグレーションを実施いただけます。

よくある質問 (FAQ)

SAP システムを別のハードウェアにコピーしたものをシステムコピー と呼びます。ここで、対象システムのオペレーティングシステム (OS) やデータベースシステム (DB) がソースシステムと異なる場合には、これを異機種間システムコピー または OS/DB マイグレーション と呼びます。

お客様がアプリケーションサーバーの追加あるいは変更を行うだけで、データベースサーバーを変更しない場合は、OS/DB マイグレーションとは呼びません。

OS と DB の双方の製品に変更がないシステムコピーを、同機種間システムコピー と呼びます。同機種間システムコピーはここでの対象には含まれません。また、マイグレーションに関わる制約も適用されません。32 ビットから 64 ビットへの変更も、同機種間システムコピーになります。

DMO は SUM (Software Update Manager) 1.0 の一部で、システム保守用の標準ツールです(たとえば、リリースアップグレードや、EHP および SP の適用)。DMO は、データベースマイグレーションに先だってシステムのアップグレードが必要な場合に、アップグレードとマイグレーションを組み合わせてプロセスを簡素化します。SAP NetWeaver BW システム、SAP Business Suite に含まれるシステム、および SAP HANA へのマイグレーションにご利用いただけます。

SUM の Database Migration Option (DMO) では、SAP HANA へのマイグレーションを容易に行うことができ、多くの確認事項と手順に従いながらプロジェクト全体の支援を可能にします。このように、SUM の DMO では、OS/DB Migration Check による確認に代わる十分な安全性を提供します。したがって、SAP HANA へのマイグレーションにて SUM の DMO を利用する場合は、OS/DB Migration Check を受けることは必須ではありません。

いいえ、違います。SAP OS/DB Migration Check も、OS/DB マイグレーションの認定を受けたコンサルタントも不要です。ただし、十分な準備をして、十分にスキルのあるプロジェクトチームを構成されることをお奨めします。

OS や DB のバージョン変更は、マイグレーションまたは異機種間システムコピーという定義には該当しません。製品は変更せずにリリースレベルだけを変更する場合は、同機種間システムコピーになります。OS や DB を変更する場合には、マイグレーションになります。

OS/DB マイグレーションが SAP の規定とガイドラインに従って実行されている場合は、データベース上の業務関連データが変更、変換、修正されることはありません。OS/DB マイグレーションは単なるハードウェアでの作業です。

サービス契約とソフトウェア提供

対象システムを本稼動システムとしてご使用になる場合のみ、SAP OS/DB Migration Check が必要となります。このサービスをご利用いただかない場合、SAP はマイグレーションをサポートできません。開発システムやテストシステムをマイグレーションする場合には、SAP OS/DB Migration Check は不要です。また、本稼動システムであっても単なる評価目的でマイグレーションを実行する場合には、その後対象システムを本稼動システムとして使用しない限り、このチェックは不要です。

認定コンサルタントが参画することなくシステムのマイグレーションを実行する場合は、お客様ご自身の責任で行っていただくことになります。その場合、マイグレーションやマイグレーションによって発生した問題のサポートには、コンサルティング料金が発生します。これは、本稼動システム以外の場合にも該当します。マイグレーションを実行する場合は、必ず認定コンサルタントにご依頼ください。

Java のみのコンポーネントは、ABAP システムの OS/DB マイグレーションに適用される制約なしにマイグレーションすることが可能です。また、Java コンポーネントは SAP OS/DB Migration Check の対象外です。

前述のとおり、この場合に OS/DB Migration Check は適していません。お客様がコピーのテストや(少なくとも主要ビジネスプロセスの)コピーシステムでのテストなどを行い、システムコピープロジェクトのベストプラクティスに従っているならば、ほとんどの場合、EarlyWatch Alert レポートにて報告されている問題を確認すれば十分です。パフォーマンス上の問題が発生した場合は、EarlyWatch Check でシステムを改善することをお奨めします。

OS/DB マイグレーションは、同機種間システムコピーよりもはるかに複雑なものです。通常、本稼動 SAP システムはスタンドアロンシステムではなく、ほかの関連するシステムとのインターフェースを持っています。また、オペレーティングシステムのブランドやテクノロジーによって、改行方法、あるいはビッグエンディアンかリトルエンディアンかなど、ファイル保存形式も変わります。同様に、データベースのブランドによって、raw デバイスかファイルシステムかなど使用されるテクノロジー、あるいはインターフェースが異なってきます。これらはほんの一例ですが、このようなさまざまな問題が原因となってインターフェースの障害を引き起こし、マイグレーションプロジェクトの失敗を招くおそれがあります。

マイグレーションプロジェクトが失敗するリスクやサポート費用を最小限に抑えるために、SAP ではサポート対象となるマイグレーションに関して規定を設けており、本稼動システムの場合には認定コンサルタントが参画すること、および SAP OS/DB Migration Check をご利用いただくことが定められています。プロジェクトは千差万別であるため、「複雑なプロジェクト」と「あまり複雑でないプロジェクト」を明確に分けることはできません。そこで SAP では、「同機種間システムコピー」と「異機種間システムコピー」として区別させていただいております。

この規定に沿わないかたちでのマイグレーションを実施される場合には、お客様ご自身の責任ということになります。また、万が一、規定違反のマイグレーションにより障害が発生した場合は、有償サポートになる場合があります。

対象システムを本稼動システムとしてご使用になる場合は、SAP OS/DB Migration Check をご利用いただく必要があります。また、あらゆる SAP システムについてマイグレーションを実行する場合には、SAP トレーニングコース TADM70 を修了して OS/DB マイグレーションの特別な認定を受けたテクニカルコンサルタントによるサービスをご手配ください。マイグレーションは、担当の認定コンサルタントがお客様の現場においてオンサイトで実施する必要があります。SAP のサポートが必要な場合は、そのコンサルタントが窓口になります。SAP コンサルティングを提供するほぼすべてのコンサルティング会社には、必要な認定を受けたコンサルタントが在籍しています。まずは、お客様のコンサルティングパートナーまでお問い合わせください。SAP の公式 Web サイトにおけるパートナーのページも併せてご参照ください。また、カスタマーインタラクションセンター (CIC) ではコンサルタントのリストをご用意しており、お客様がコンサルタントを選ぶお手伝いをさせていただきます。

サービスセッションの実施

技術的にみれば、マイグレーションは、ソースシステムに変更を加えずに別のプラットフォームに移行する際に行われます。したがって、マイグレーションと同時にアップグレードを実施することはできません。SAP OS/DB Migration Check は、マイグレーションをサポートするサービスです。アップグレード、または新規アプリケーションやユーザーを追加するなどほかの作業を実行する場合は、それ以前に、マイグレーションチェックのサービスセッションをすべて完了させておく必要があります。アップグレードについては、その後 SAP GoingLive Functional Upgrade Check を実施していただく必要があります。新規アプリケーションやユーザーの追加などそのほかの変更については、SAP GoingLive Check を実施してください。「1 プロジェクトごとに確実に実施する」という原則がありますが、例外として、OS/DB マイグレーションにユニコード移行を含めたかたちで実行することができます。これは、どちらの場合にも同じツールを使用するからです。ただし、ユニコード移行を同時に実行すると、プロジェクトが大幅に複雑化し、SAP OS/DB Migration Check ですべての問題点をチェックできない場合があります。

DMO for SUM メソッドは、すべての必要な変更(任意のデータベースから SAP HANA への移行など)を 1 つのプロジェクトにまとめます。データベースの移行だけでなく、ユニコード変換や SAP システムのアップグレードの場合も可能です。DMO for SUM によってすべてのステップを保護することができるため、このようなプロジェクトではこの方法を推奨します。

お客様を担当するマイグレーションエキスパート(認定コンサルタント)がプロジェクト計画をお手伝いいたします。また、計画ガイドもご利用ください。

SAP OS/DB Migration Check は、2 種のリモートサービスセッションから構成されます。最初のサービスセッションは、プロジェクトの開始間近に、お客様が SAP Solution Manager の「準備」手順を完了いただき次第、実施します。2 回目のサービスセッションは、新しいプラットフォームでの本稼動開始からおよそ 6 週間後にスケジュールいたします。十分に余裕を持ってサービスセッションをスケジュールできるよう、できるだけ早い時期にサービス契約を締結いただくことをお奨めしています。

マイグレーションの計画と実行

所要時間は、ご使用になるハードウェアの容量や処理能力、およびマイグレーションツールのパラメーター設定とチューニングによって大幅に異なります。そのため、正確な時間を知るには、実行してみる以外の方法はありません。このような理由により、SAP としては、マイグレーションの総合テストを実施した上で本稼動システムの最終的なマイグレーションを実行することをお奨めしております。

お客様を担当するマイグレーションエキスパート(認定コンサルタント)がプロジェクト計画をお手伝いいたします。また、計画ガイドもご利用ください。

SAP Support Portal のこちらのページより、キーのオンライン生成をご利用いただけます。マイグレーション CD に同梱された FAX フォームはご使用にならないようお願いいたします(このフォームは現在無効です)。