SAP EarlyWatch Check

SAPソリューションのパフォーマンスを最適化するシステム解析

SAP EarlyWatch Check は、お客様が使用されている SAP ソリューションの各コンポーネント、オペレーティングシステム、データベースを対象として解析を行い、パフォーマンスを最適化し総所有コストを最小限に抑える方法を発見するためのサービスです。解析結果および、ソリューションのパフォーマンスを最適化するために必要なアクションは、最終レポートやご使用の SAP Solution Manager に記載されます

お申し込みの際は、 SAP サポートヘルプデスクにお問い合わせください。

お客様のメリット

総所有コストを抑えると同時に SAP ソリューションの高パフォーマンスを保つことは、ビジネスに多大な価値をもたらします。SAP EarlyWatch Health Check は、まさにこの価値をもたらすサービスです。そのためには解析が重要になり、ここで得られる情報によって以下のことが可能となります。

  • システム負荷コストとパフォーマンス上のボトルネックの解消
  • 応答時間の短縮と、それに伴うエンドユーザーからの評価の向上
  • ハードウェア投資の最適活用
  • コストに影響するダウンタイムというリスクの大幅低減

SAP EarlyWatch Check のコンセプトは、SAP ソリューションの安定運用を確保するため、重大な技術的問題が起こらないようプロアクティブに対策を講じることです。このチェックは、過去の数万件におよぶインストール事例に基づく経験を活用することにより、時間とコストを節約し、SAP ソリューションの安定運用を維持するためのものです。

サービスの提供

SAP EarlyWatch Check を実施する際には、お客様とご相談の上で実施日を調整します。サービスを実施する 2 週間前に、対象システムでバックグラウンドプログラムを実行してご使用の SAP コンポーネントのデータを収集します。このサービスでは、事前に収集されたデータに基づいて解析が行われます。なお、データ収集とサービス実施によって本稼動システムの業務処理が影響を受けることはありません。結果は最終レポートやお客様 SAP Solution Manager に送信されます。

詳細情報

SAP EarlyWatch Check を使用する最適のタイミングは、SAP EarlyWatch Alert から重大な警告が出された場合、あるいは、ご使用の SAP ソリューションにおいてパフォーマンスや可用性が最適レベルに達していないコンポーネントがあることが判明した時です。

SAP EarlyWatch Check では、サービス実施期間中に、対象となる SAP コンポーネントおよびデータベースについて、パフォーマンス解析とエラー解析を実施します。このチェックでは、コンポーネントから収集された統計データを評価することによって、パフォーマンスとエラーの解析を行います。解析には、以下の内容が含まれます。

  • 現在のシステムステータス
  • 使用頻度が高いトランザクションの応答時間
  • リソース消費量が多いトランザクション
  • ワークロード分散
  • ハードウェア使用率
  • エラー発生状況
  • データベース管理状態
  • パフォーマンスとボトルネックの分析

解析が完了すると、お客様に最終レポートが提出されます。最終レポートには、主にクライアント/サーバーの負荷分散とボトルネックとなる可能性のある問題が記載されます。また、このサービスで検出された問題が及ぼしうる影響と、問題解決に向けての詳細な推奨事項も記載されます。レポートに記載された推奨事項を適用する際に参考となるグラフや図表も提供されます。

SAP EarlyWatch Check の 1 回のサービス実施は、SAP ソリューションのうち 1 つのコンポーネント(インストール番号で識別可能)を対象にします。複数のコンポーネントを解析するには、対応する数の SAP EarlyWatch Check をお申し込みいただく必要があります。

ハードウェアリソースの増強、アップグレード、新しいオペレーティングシステムやデータベースへの移行、ユーザーやアプリケーションの追加を行う場合には、SAP EarlyWatch Check を追加でご利用いただくことになります。

サービス手順と前提条件

SAP EarlyWatch Check は、お客様からのご希望に応じて、または SAP EarlyWatch Alert による週次システムチェックの結果を受けて実施されます。SAP EarlyWatch Alert から重大な警告(赤信号判定)が出た場合には、関連データが SAP に送信されます。これを受けて、SAP の経験豊富なサービスエンジニアがお客様の状況を調査します。本稼動システムに重大な問題が発生している場合は、SAP EarlyWatch Check を実施する日程を SAP が手配します。

お客様のシステム管理者には、サービス実施の 2 週間前までに、技術上のすべての前提条件を満たしていただく必要があります。この作業には SAP Solution Manager の「サービスデリバリ準備状況」ツールをご使用いただけます。

サービス実施日には、SAP はコンポーネントとその関連データを詳細に解析してセッションを実行します。結果および推奨事項はすべて最終レポートにまとめられ、お客様に提出されます。

SAP EarlyWatch Check は、本稼働システムに対してのみご利用いただけます。
このサービスからより多くのメリットを得ていただくために、SAP Solution Manager をインストールし、SAP EarlyWatch Alert を有効にされることを強くお奨めします。

このサービスをご利用になる準備として、準備に関する総括ノートをご参照ください。