SAP EarlyWatch Alert
SAP ソリューションの予防的監視

SAP EarlyWatch Alert は SAP システムの重要な管理領域を監視する自動サービスです。アラートにより重大な状況があることを通知し、パフォーマンスと安定性を向上させるための解決策を案内します。関連するレポートでアラートを確認・表示するために、SAP ONE Support LaunchpadSAP EarlyWatch Alert Workspace をご利用ください。

SAP EarlyWatch Alert は、お客様のソリューションにおけるすべての SAP コンポーネントに対して有効化された場合に最も効果を発揮します。このレポートの利用は SAP との保守契約に含まれているため、追加料金は不要です。この SAP EarlyWatch Alert を利用することが、その他のリモートサービスを利用するための技術的な前提条件となっています。レポートでは、KPIとアラートの概要を週次で示します。

お客様のメリットとサービスの提供

お客様のメリット

総所有コストを抑制しながら SAP ソリューションの高パフォーマンスを保持することは、お客様のビジネスに多大な価値をもたらします。SAP EarlyWatch Alert は、まさしくこれを実現するためのものです。ソリューションの各 SAP コンポーネントのステータスを把握することにより、以下のことが可能になります。

  • ダウンタイムリスクを大幅に削減
  • ボトルネックなどの問題がクリティカルになる前に対応
  • ソリューションのパフォーマンスと安定性に影響を及ぼす要因を特定

SAP EarlyWatch Alert の基本コンセプトは、個々の SAP コンポーネントの安定運用を保証するため、プロアクティブに対策を講じて重大な技術的問題を未然に防止することです。この監視ツールは、過去の数千件におよぶインストール事例に基づく経験を活用して、時間とコストの節約、SAP ソリューションの安定運用を実現します。

サービスの提供

SAP EarlyWatch Alert は SAP との保守契約に含まれています。SAP Solution Manager から、ご利用の各 SAP コンポーネントに対してこの機能を有効化してください。 SAP Solution Manager configuration ラウンチパッドアプリケーションにある、SAP EarlyWatch Alert Management のガイドプロシージャをご利用ください。SAP EarlyWatch Alert をご利用いただけるのは、SAP NetWeaver ABAP または SAP NetWeaver Java プラットフォームで動作するすべてのSAPシステム、および一部の SAP BusinessObjects システムです。サポートされているシステムの全概要については、SAP Note 1257308 をご覧ください。

SAP EarlyWatch Alertのレポートは、SAP Solution Manager上で表示できます。また、指定した受信者に電子メールで送信することもできます。SAP ではクラウドベースの SAP EarlyWatch Alert ワークスペースの使用を推奨しています。このワークスペースは中心となるランディングページであり、システムランドスケープ全体の安定性、構成、ハードウェアの使用状況、およびパフォーマンスの概要を包括的に確認できます。 また、アラートや推奨事項の詳細、時系列に沿った KPI の詳細、潜在的な問題予測を含むレポートを新しいフォーマットで確認できます。包括的な機能を使用したパーソナライゼーションやグローバル検索も可能です。Focused Run for SAP Solution Manager ソリューションをご利用の場合、Java システムおよび SAP BusinessObjects システムのレポートも SAP EarlyWatch Alert ワークスペースアプリケーションで閲覧できます。