接続ツール

リモートサポート

お客様から報告されたインシデントを SAP のサポートが迅速に診断して解決できるように、リモートアクセスをセットアップすることをお勧めします。SAP の調査中にお客様が席にいていただく必要も、電話でお話しいただく必要もなくなります。これは、時間帯の異なる地域のインシデントに対応する場合に特に便利です。

お客様の会社と SAP の間にリモート接続をセットアップすることにより、インシデントをより迅速に解決できるだけでなく、ご選択いただいているサポートプログラムによってご利用いただけるサービス(EarlyWatch や継続的品質チェックなど)を活用することもできます。SAP のリモート接続に関する詳細は、文書「Remote Connectivity Infrastructure document」をご参照ください。

SAProuter

SAProuter は、お客様のネットワークと SAP をリモート接続するためのソフトウェアアプリケーションです。このリモート接続を使用することにより、障害のリモート調査を安全かつお客様に待機していただくことなく行うことができます。また、SAP サポートサービスを安全に提供することが可能になります。

画面共有

GoToAssist は、SAP サポート担当者が画面共有やマウス/キーボード制御などのツールを使用して技術的な問題をオンラインで分析および解決するための、Web ベースのリモートサポート技術です。

IKEv2 Migration

Recommendations for the use of cryptographic mechanisms in the IPsec and IKE protocols (SAP Note 2800846)

The German Federal Office for Information Security (BSI) has released a technical guideline regarding cryptographic mechanisms which consists of recommendations regarding key lengths and other parameters for the use of Internet Protocol Security (IPsec) and Internet Key Exchange (IKEv2).

IKEv2 has many advantages, to name a few: IKEv2 provides better network attack resilience, increases interoperability between different VPN products, has less overhead, reduces SA delay and has faster rekey time.

Please refer to the BSI website for the IKEv2 technical guideline:

Based on the technical guideline, SAP plans to support our customers in making a timely transition within the coming months by utilizing IKEv2-based connectivity. We have therefore already started migrating customers' IPsec connections to IKEv2 in late 2018. In addition, SAP has further updated the Remote Connection Data Sheet (SAP Note 28976) based on the latest information from major VPN vendors and security researchers regarding IKEv2 parameterization.

Further Information can also be found in the SAP Trust Center document called “Recommendations for the use of cryptographic mechanisms in the IPsec and IKE protocols“. 

SAP recommends customers to open an incident on component XX-SER-NET-SHA2, whenever customer is ready to plan and/or start the project with the help of the related SAP teams. This will allow SAP to do a proper resource planning and capacity assignment for transition projects. Customers can also get additional information as well as migration support via this component.