ラインオープナープログラム (LOP)

半自動ラインオープナー (LOP) の動作変更

 

注記:

2020 年 2 月 15 / 16 日における LOP の動作変更は、主に SAP クラウドおよびお客様と SAP との接続を対象としたものです。この変更は接続方法の技術的な側面に関係するもので、例えば VPN 接続に必要とされる手動オープンが不要になります。

詳細情報:

SAP Note 797124 「LOP - 半自動ラインオープナープログラム」

 
 

ラインオープナープログラムの動作

SAP がお客様のシステムへのサービス接続を依頼した際は、お客様の側でその接続をオープンする必要があります。LOP の利用によりこのプロセスの一部を自動化し、お客様の手間を軽減することができます。

SAP の従業員がお客様のシステムにアクセスする必要がある場合は、オープン依頼を登録します。これは、お客様が SAP 側でオープンできることを SAP に明示的に許可したシステムについてのみ行うことができます。LOP は、HTTPS 経由でサービスバックボーンに定期的に接続して、お客様のシステムに対するオープン依頼があるかどうかを調べます。オープン依頼があれば、LOP はお客様の SAProuter と SAP 間の接続をオープンし、ネットワーク接続がオープンされたことを通知する電子メールをお客様に送信します。

ただし、Semi Automatic Opening が有効になっており、お客様のシステムに SAProuter 経由で接続できる状態になっている(つまり、同じ SAProuter 経由で別のシステムへのリモート接続がオープンしている)場合は、LOP を使用せずに接続が確立されることにご注意ください。

 

新しい Java 半自動サービスラインオープナー (LOP)

半自動ラインオープナープログラムが Java でリライトされ、プラットフォームに依存しない Semi Automatic Opening 機能がご利用可能になりました。設定後はフロントエンドツールまたはサービスとして稼動させることができます。
新しいダウンロードパッケージは 3 月 25 日から提供されています。

推奨ソリューションである、Solution Manager に統合された LOP と、スタンドアロンの Java LOP(主に Solution Manager をご自身で所有していないお客様向け)の両方が引き続きサポートされます。

Semi Automatic Opening のプロセス概要

プロセスのステップ

  1. SAP の従業員がお客様のシステムへのアクセスを依頼します。
  2. 依頼が SAP Support Portal に転送されます。
  3. LOP が SAP Support Portal を定期的にチェックし、アクセス依頼があるかどうかを調べます。
  4. アクセス依頼がある場合は、LOP がネットワーク接続をオープンします(電子メール通知が送信されます)。
  5. SAP の従業員が所定の SAProuter インフラストラクチャー経由でお客様のシステムに接続できるようになります。

ラインオープナープログラムのインストール方法

ラインオープナープログラムは SAP Solution Manager に統合されています。SAP Solution Manager の機能を使用できない場合は、スタンドアロンの Java アプリケーションを使用できます。また、ホストが内部ネットワークを使用して SAProuter にアクセスできる必要があります。

Java ベースのラインオープナープログラムをインストールするには、[ダウンロード]を選択して実行ファイルを保存し、後述のインストール手順に従ってください。 最初に新しいインスタンス情報などを入力し、Registrator をクリックすることで登録します。その後、オープナーを実行することにより、回線のオープン依頼が継続的に監視されるようになります。