ラインオープナープログラム (LOP)

New mandatory version of the Semi-Automatic Service Line Opener (LOP)

Please Note: 

Moving one of our backend systems makes it necessary to use a new version of our Semi-Automatic Service Line Opener (LOP). Due to the adaptation, the use of the SAP Java Connector is no longer necessary. Please note that only the new version can still open the service connections. If you face any issues please check the Semi-Automatic Service Line Opener (LOP) PDF, or open an incident on component XX-SER-NET.

To download the new version, please use the link on this page.

 

ラインオープナープログラムの動作

SAP がお客様のシステムへのサービス接続を依頼した際は、お客様の側でその接続をオープンする必要があります。LOP の利用によりこのプロセスの一部を自動化し、お客様の手間を軽減することができます。

SAP の従業員がお客様のシステムにアクセスする必要がある場合は、オープン依頼を登録します。これは、お客様が SAP 側でオープンできることを SAP に明示的に許可したシステムについてのみ行うことができます。LOP は、HTTPS 経由でサービスバックボーンに定期的に接続して、お客様のシステムに対するオープン依頼があるかどうかを調べます。オープン依頼があれば、LOP はお客様の SAProuter と SAP 間の接続をオープンし、ネットワーク接続がオープンされたことを通知する電子メールをお客様に送信します。

ただし、Semi Automatic Opening が有効になっており、お客様のシステムに SAProuter 経由で接続できる状態になっている(つまり、同じ SAProuter 経由で別のシステムへのリモート接続がオープンしている)場合は、LOP を使用せずに接続が確立されることにご注意ください。

 

新しい Java 半自動サービスラインオープナー (LOP)

半自動ラインオープナープログラムが Java でリライトされ、プラットフォームに依存しない Semi Automatic Opening 機能がご利用可能になりました。設定後はフロントエンドツールまたはサービスとして稼動させることができます。
新しいダウンロードパッケージは 3 月 25 日から提供されています。

推奨ソリューションである、Solution Manager に統合された LOP と、スタンドアロンの Java LOP(主に Solution Manager をご自身で所有していないお客様向け)の両方が引き続きサポートされます。

Semi Automatic Opening のプロセス概要

プロセスのステップ

  1. SAP の従業員がお客様のシステムへのアクセスを依頼します。
  2. 依頼が SAP Support Portal に転送されます。
  3. LOP が SAP Support Portal を定期的にチェックし、アクセス依頼があるかどうかを調べます。
  4. アクセス依頼がある場合は、LOP がネットワーク接続をオープンします(電子メール通知が送信されます)。
  5. SAP の従業員が所定の SAProuter インフラストラクチャー経由でお客様のシステムに接続できるようになります。

ラインオープナープログラムのインストール方法

ラインオープナープログラムは SAP Solution Manager に統合されています。SAP Solution Manager の機能を使用できない場合は、スタンドアロンの Java アプリケーションを使用できます。また、ホストが内部ネットワークを使用して SAProuter にアクセスできる必要があります。

Java ベースのラインオープナープログラムをインストールするには、[ダウンロード]を選択して実行ファイルを保存し、後述のインストール手順に従ってください。 最初に新しいインスタンス情報などを入力し、Registrator をクリックすることで登録します。その後、オープナーを実行することにより、回線のオープン依頼が継続的に監視されるようになります。