リモートサポート

お客様のインシデントを迅速に診断かつ解決できるように、リモートアクセスをセットアップしていただくことをお勧めします。SAP が調査している間、お客様には、席にいていただく必要も電話でお話しいただく必要もなくなります。

リモート接続

SAP のサポート技術者がお客様のシステムにリモートでアクセスして、お客様の問題を迅速にトラブルシューティングすることができます。

S ユーザー ID でこれらのリモート接続を管理するには、リモート接続をオープンするための権限が必要です。S ユーザー ID の既存の権限を確認し、この権限がない場合は、ユーザー管理者(スーパーユーザー)にお問い合わせください。

サービス接続をオープンするには:

  1. 設定するシステムを選択する
  2. 必要な接続タイプを有効化する(システムごとに 1 回のみ設定)
  3. 必要なサービス接続タイプを選択し、SAP がシステムにアクセスできる時間帯を指定する
    リモートネットワーク接続を永続的にオープンできない場合(例:ISDN 回線)は、4 つ目のステップが必要です(Note 35010 をご参照ください)。
  4. サービスコネクターを起動し(stfk.oez ファイルの実行)、ネットワーク回線をオープンする(ネットワーク回線がオープンされていない場合のみ)
  5. SAP が接続する際にシステムへのログインが必要な場合は、Customer Remote Logon Depot でこの情報が登録されていることを確認してください。サービスコネクターを起動し(stfk.oez ファイルの実行)、ネットワーク回線をオープンする(ネットワーク回線がオープンされていない場合のみ)

接続タイプ

サービス接続タイプ
内容説明SAP  Note

 

SAP GUI ベースの接続

 

SAP GUI ベースの接続

 

SAP GUI ベースの接続

R/3 SupportSAP GUI経由で SAP システムにリモートアクセスします812732
R/3 Support with SNC/SSOEnables remote access to an SAP system via SAPGUI with SSO2562127
SAPGui+Browser ConnectSAP GUI とブラウザー経由で SAP システムにリモートアクセスします1721448
SAP NI ConnectionSAP NI をプロトコルとして使用している任意のクライアント経由で SAP システムにリモートアクセスします1718597

 

SAP Solution Managerへの接続

 

SAP Solution Managerへの接続

 

SAP Solution Managerへの接続

SAP Solution ManagerSAP Solution Managerのソリューショングラフィックにアクセスします962516
Solution Manager DiagnosticsSAP Solution Manager 診断へのシステム関連のアクセスが可能です962516

 

Java ベースシステムへのサービス接続を可能/容易にする Java/http ベースの接続タイプ

 

Java ベースシステムへのサービス接続を可能/容易にする Java/http ベースの接続タイプ

 

Java ベースシステムへのサービス接続を可能/容易にする Java/http ベースの接続タイプ

NW Mobile Java AppsSAP Netweaverのデータオーケストレーションエンジンに接続します1613402
HTTP Connect - URL access

Web ブラウザー経由で http ベースのアプリケーションにアクセスします

592085
HTTP Connect with SNC/SSOProvides access to http-based applications via Web browser with SSO2562154
HTTP-based Toolshttp プロトコルを使用するクライアントツール経由で http ベースのアクセスを行います1787981
SAP Business ClientSAP Business Client より Web ベースの接続を行います

2368246

LoadRunner-Testリモート負荷検証を行います850213
JAVA DEBUGJava ベースアプリケーションのリモートデバッグを行います545519
SAP JVM ToolsJVM ツールのデバックを行います2038631

 

アプリケーションシェアリング方式、または OS(オペレーティングシステム)レベルでアクセスが可能な接続タイプ

 

アプリケーションシェアリング方式、または OS(オペレーティングシステム)レベルでアクセスが可能な接続タイプ

 

アプリケーションシェアリング方式、または OS(オペレーティングシステム)レベルでアクセスが可能な接続タイプ

GoToAssist

LogMeIn を介したデスクトップ共有とリモートサポートを行います

2016077
Windows Terminal ServerWindows Terminal Server を介したアプリケーションシェアリングによりアクセスします605795
WTS Connect with NLA

NLA をサポートする、Windows Terminal Server を介したアプリケーションシェアリングによりアクセスします

1912318
Citrix MetaframeCitrix Metaframe を介したアプリケーションシェアリングによりアクセスします701588
AS/400-5250 Connection

AS/400 ベースサーバーの OS にアクセスします

79411
Secure AS/400 Connection serversSecure AS/400 ベースの OS にアクセス します2016103
Telnet ConnectionTelnet を介して OS にアクセスします37001
SSH Connectionカスタマーシステムに SSH で接続します1275351
VNC Connectionカスタマーシステムに VNC で接続します1327257

 

その他の接続タイプ

 

その他の接続タイプ

 

その他の接続タイプ

JDBC/ODBC ConnectionJDBC、ODBC、およびネイティブ接続を使用してデータベースにリモートアクセスします1718601
SAP HANA databaseSAP HANA データベースにリモート接続します1592925
SAP HANA MDCMulti Database Container HANA データベース(マルチテナント)にリモート接続します2280051
SAP-DB ConnectionSAP-DB にリモート接続します202344
TREX/BIATREX または BI アクセラレーターシステムにアクセスします1058533
Integration Repositoryインテグレーションリポジトリーに接続します800267
Integration Directoryインテグレーションディレクトリーに接続します800267
Windows Remote DebugWindows ベースアプリケーションのリモートデバッグを行います1884079

Customer Remote Logon Depot

SAP Support Portal 内の Customer Remote Logon Depot(旧セキュアエリア)では、リモートアクセスで使用されるお客様のログオンデータ(ユーザー名、パスワード、サーバー名など)が保存されます。リモートアクセスは、SAP サポートの担当者がインシデントを調査する際に必要になることがあります。

Customer Remote Logon Depot のヘルプ  

Customer Remote Logon Depot に関する前提条件

ご使用の S ユーザー ID には、「自分のログオンデータを編集」または「すべてのログオンデータを編集」の権限が付与されている必要があります。

  • 「自分のログオンデータを編集」 - ログオンデータを保存できるほか、以前記録されたログオンデータを照会または変更できます。このユーザーはほかのユーザーが登録したパスワードの照会はできませんただし、SAProuter のパスワードを無効化すること、または新規のログオンデータセットを登録することは可能です。
  • 「すべてのログオンデータを編集」 - あらゆる S ユーザーのすべての保存済みログオンデータを登録、変更、および照会できます。

インシデントを調査する SAP 側の処理者は、ログオンデータにアクセスし、データの更新ができます。インシデントが SAP 側にて処理中である場合、お客様の担当者は、「自分のログオンデータを編集」または「すべてのログオンデータを編集」の権限が付与されていればログオンデータにアクセスすることができます。

アクセス方法

以下のいずれかの方法で、Customer Remote Logon Depot にアクセスしてデータを更新してください。:

  • インシデントで、[アクセスデータの変更] ボタンをクリックします。
  • SAP ONE Support Launchpad のシステムデータアプリケーション で、システムを選択し、[アクセスデータの更新] をクリックします。
  • SAP Solution Manager で、[インシデント処理] から [Customer Remote Logon Depot] を選択します。

Customer Remote Logon Depot では、以下のアクティビティから選択できます。

  • 認証情報を登録または変更します
  • ログの表示 - すべてのデータ変更および Customer Remote Logon Depot へのアクセスは、履歴ログで確認できます。
  • システムの切り替え - 検索ダイアログを開いて、システムを切り替えます。
  • 制限ユーザビューの更新 - 特定のインシデントに関して SAP のサポート担当者が照会できるユーザー情報を制限します。お客様は、特定のインシデントにのみ有効なシステムユーザーを登録できます。

注記:各タブのエントリーを個別に保存してください。.

入力済みのすべてのログオンデータが一目で分かるように照会モードで表示されます。これらのデータを更新したユーザーおよび「すべてのログオンデータを編集」権限を持つユーザーのみが、保存されているパスワードを照会できます。「自分のログオンデータを編集」権限を持つユーザーは、ほかのユーザーによって保存されたパスワードを照会できません。

重要:SAP では、ログオン認証の有効期間は必要な分のみ設定していただくよう推奨しています。有効期限は常に適切に設定してください。期限の切れたログオンデータは削除されます。