SAP Support Backbone Update

SAP サポートバックボーンのアップデートによる
SAP Solution Manager と Focused Run への影響

SAP サポートバックボーンは、お客様にテクニカルサポートを提供するために SAP 内に設置されている集中インフラストラクチャーです。サポートバックボーンは目的の異なるさまざまなシステムで構成されています。たとえば、SAP Support Portal インフラストラクチャー、メンテナンスプランナー、SAP EarlyWatch Alert レポートなどを提供しています。

お客様側では、SAP Solution Manager と Focused Run for SAP Solution Manager が、さまざまな目的(サポートインシデント、メンテナンスプランナー用のシステムデータ、SAP EarlyWatch Alert データなど)でデータ交換のために SAP サポートバックボーンに接続します。

このたび、SAP サポートバックボーンがアップデートされました。新しいインフラストラクチャーに安全に移行していただけるよう、従来のインフラストラクチャーも残してあります。お客様には 2020 年 1 月までに SAP Solution Manager と Focused Run の通信を新しいインフラストラクチャーに切り替えて、引き続き接続できるようにしていただく必要があります。

関連リンク

 

切り替えるとどうなりますか?

最も重要な変更点は、https 通信チャネルにアップグレードされ、SSL を使用するためのサーバー証明書が有効になることです。

 


どのような対応をする必要がありますか?

Focused Run で使用する SAP Solution Manager

Focused Run 2.0の新しい通信チャネルは、新しいサポートバックボーンとのデータ交換を可能にします。すべてのFocused Runカスタマーは Focused Run 2.0 システムへアップグレードする必要があります。Focused Run 1.0 システムは、2020 年 1 月 8 日以降は SAP サポートバックボーンと通信できなくなります。

Focused Run のアップグレードに関する情報は、Focused Run Expert Portal に記載されています。

備考:Focused Run 1.0 は 2019 年 11 月 23 日からカスタマー・スペシフィック・メンテナンスのフェーズに入ります。

 

SAP Solution Manager

新しい通信チャネルに切り替えると、アップデートされた SAP サポートバックボーンとのデータ交換が可能になります。次の対応が必要です。


       シナリオ 1:  SAP Solution Manager 7.2 をご利用中の場合

  • SP07 またはそれ以降の SP にアップグレードする (*SP08 またはそれ以降の SP へのアップグレードを推奨しています。)

       Scenario 2:  SAP Solution Manager 7.1 をご利用中の場合

  • SAP Solution Manager 7.2 の最新の SP にアップグレードする (詳細)

ご注意ください: SAP パートナー様 (PartnerEdge Sell, VAR, CCC, PCOE) は、SP08 またはそれ以降の SP が必要となります。

 

新しい通信インフラストラクチャーへの移行のハンズオン作業手順は、次を参照ください。

SAPの新しいサポートバックボーンはすでに有効になっているため、今すぐ切り替えを行うことことができます。従来のインフラストラクチャーも 2020 年 1 月 1 日になるまでは有効ですが、できるだけ早く切替を行ってください。

 


影響があるのは SAP Solution Manager のどのようなシナリオでしょうか?

SAP のサポートバックボーンのアップデートによって技術的に影響を受けるシナリオは以下のとおりです。2020 年 1 月以降もこれらのシナリオを運用する必要がある場合は、上記の対応が必要になります。

ランドスケープ管理

ライセンス管理

テストスイート

IT サービス管理

SAP エンゲージメントおよびサービスデリバリー

 

ご質問や問題がある場合は、以下の方法をお試しください

 

適切に対応が行われない場合、次の問題が発生します

2020 年 1 月 8 日以降

  • サポートパッケージスタックレベルが SP04 またはそれ以下の SAP Solution Manager 7.2 システムは、SAP サポートバックボーンと通信できなくなります。SP05 および SP06 は、通信が制限され、マニュアル作業が必要となります。詳細は、概要プレゼンテーション をご確認ください。
  • SAP Solution Manager 7.0 and 7.1 システムは SAP サポートバックボーンと通信できなくなります。アップグレードをまだ実行していない Solution Manager 7.1 から SAP への EarlyWatch Alert レポート送信中断を回避するには、SAP Note 2837310 を適用してください。
  • SAP パートナー様 (PartnerEdge Sell / VAR, ISV, PCOE など) は、SP08 またはそれ以降の SP へのアップグレードが必要となります。

 

SAP Solution Manager および Focused Run 以外についても、サポートバックボーンのアップデートによる影響があります。詳細は、ランディングページ をご覧ください。