ソフトウェアロジスティクスツール

ソフトウェアロジスティクスツールセット

最新の修正が含まれている最新バージョンのツールを使用ください。

 

SL Toolset 1.0 SPS 24 の新機能

システムプロビジョニング

システム保守

システム保守

Software Update Manager (SUM)

SUM が次の 2 つのバージョンで提供されるようになりました。SUM に関する詳細はそれぞれの該当ページをご参照ください。

  • SUM 1.0:Java スタック、デュアルスタック、ABAP スタック(対象システムがバージョン 7.50 より前の ABAP)
  • SUM 2.0:純粋な ABAP スタックおよびバージョン 7.50 以降の対象システム  

Java 1.0 SP 22 の near-Zero Downtime Maintenance (nZDM)

SP や EHP の適用中、および SAP Enterprise Portal、SAP Business Process Management、SAP Process Orchestration の更新のためのダウンタイムを最小限にします。

SPAM/SAINT で 4.6C から 7.53 へのアップグレード

SP の適用、ABAP アドオンのインストールまたは削除


システム保守のシナリオ

SUM 1.0 SP 22 でのソフトウェアの更新/アップグレード

SAP NetWeaver のアップグレード/更新(対象:  SAP BASIS 7.50 より前の ABAP; Java; Dual-stack)

SUM 2.0 SP 03 でのソフトウェアの更新/アップグレード

AS ABAP のアップグレード/更新 - 対象 SAP BASIS が 7.50 以降のベースシステム

SUM 1.0 SP 22 の Database Migration Option (DMO)

更新と SAP HANA データベースへの移行の組み合わせ - 対象 SAP BASIS が 7.50 より前のシステム

SUM 2.0 SP 03 の Database Migration Option (DMO)

更新と SAP HANA データベースへの移行の組み合わせ - 対象 SAP BASIS が 7.50 以降のシステム

SAP ECC システムから SAP S/4HANA への移行のためのシステム変換(DMOを使用する場合と使用しない場合)

システムプロビジョニング

ソフトウェアプロビジョニングマネージャ

SAP NetWeaver AS ABAP および AS Java を基盤とする製品のインストール、コピー、変換、分割、名称変更、アンインストールを行います。

ソフトウェアプロビジョニングマネージャのバージョンは現在 1.0 と 2.0 が提供されています。

バージョン 1.0 と 2.0 の比較については、こちらのセクション をご参照ください。

ソフトウェアプロビジョニングマネージャ 1.0

1.0 は現在利用可能なすべての製品(すべてのデータベース)で使用されています。

  • SAP Note 1680045(ソフトウェアプロビジョニングマネージャ 1.0)

ソフトウェアプロビジョニングマネージャ 2.0

2.0 は SAP BW/4HANA 1.0 SR1 に使用されています

  • SAP Note 2568783(ソフトウェアプロビジョニングマネージャ 2.0)

Software Lifecylce Plugin 1.0

コンテナベース製品のインストール、更新、またはアンインストール

現在、SAP Data Hub は Software Lifecycle Plugin 1.0 のサポート対象

SAPSetup 9.0 によるフロントエンドのインストールとディストリビューション

多くの SAP 製品の SAP フロントエンドソフトウェア (SAP GUI for Windows など) は、ランドスケープの Microsoft Windows ホストに直接インストールまたは確実に配布する必要があります。下記セクションおよび SAPSetup の専用ページをご参照ください。

ソフトウェアプロビジョニングマネージャのシナリオ

ソフトウェアプロビジョニングマネージャ 1.0 SP 24 のインストールオプション

ソフトウェアプロビジョニングマネージャ 2.0 SP 01 のインストールオプション

ソフトウェアプロビジョニングマネージャ 1.0 SP 24 のシステムコピーオプション

ソフトウェアプロビジョニングマネージャ 2.0 SP 01 のシステムコピーオプション

ソフトウェアプロビジョニングマネージャ 1.0 SP 24 の名称変更オプション

ソフトウェアプロビジョニングマネージャ 2.0 SP 01 の名称変更オプション

 

移送/修正ツール

ソフトウェアの開発や設定では、エンドユーザーが使用を開始する前にテストを行う必要があります。そのため、開発または設定を行う場所、テストを行う別の場所、さらに安定バージョンをホスティングする本稼動環境が必要になります(場所はシステムやテナントなど、いくつか選択肢があります)。しかし、開発や設定した内容が漏れることなくテストされ、すべてを確実に最終段階に至るようにするにはどうすればよいでしょうか?それには(変更された)コンテンツをまとめ、そのすべてを開発環境からテスト環境および本稼動環境に確実に移送するためのロジックが必要です。

SAP はこれらの作業をサポートするさまざまなツールを提供しています。Change and Transport System (CTS) は、従来の ABAP 環境で使われます。CTS+ では、ABAP 以外のアプリケーションに ABAP で既知のメカニズムを多数利用できす。SAP HANA および SAP Cloud Platform については、追加のツールが提供されています。

Change andTransport System (CTS) は、お客様のシステムランドスケープ内で ABAP ワークベンチやカスタマイジングの開発プロジェクトを組織化し、SAP システム間での変更の移送を支援するツールです。ABAP オブジェクトと同様に、システムランドスケープ内で ABAP 以外のオブジェクトや SAP 以外のアプリケーションも移送できます。 

詳細は CTS ページをご覧ください。

Enhanced Changeand Transport System では、ABAP オブジェクトと同様に、Java オブジェクトや SAP 関連の ABAP 以外のアプリケーションオブジェクトなど、ABAP 以外のオブジェクトをお客様のシステムランドスケープ内で移送することができます。また、SAP NetWeaver Application Server for ABAP CTS 移送ドメインで ABAP 以外のシステムを管理することもできます。

これは、すべての開発ワークベンチとアプリケーションをサポートする単一のツールを提供することを目的としています。アプリケーションとコンテンツを作成するためのツールに変更はありません。アプリケーションのさまざまなワークベンチが、オブジェクトを CTS 移送依頼に添付するためのオプションを提供します。統合のレベルは個別のワークベンチとアプリケーションによって異なります。

このように、Enhanced Change and Transport System は、統一された移送ツールを提供し、管理者がインポート実行時に簡単に作業できるようにします。お客様は 1 つのツールにアクセスするだけで、さまざまなバックエンドシステムのインポートを実行することができます。デプロイメントツールは自動的に呼び出されます。CTS ではインポートのモニターとエラーの分析が可能です。CTS のインポートキューと履歴から、実行済みのインポートや予定しているインポートの概要がわかります。

CTS+ の詳細と対象アプリケーションの詳しいドキュメントへのリンクについては、Enhanced Change and Transport System のページをご覧ください。

SAP HANAapplication lifecycle management (HALM) は、製品構成のモデリングからアプリケーション開発、移送、組み込み、およびインストールまで SAP HANA アプリケーションのライフサイクルのすべてのフェーズでお客様をサポートします。 

SAP HANA Transport for ABAP(HTA) では、SAP HANA リポジトリーのオブジェクトとパッケージを ABAP システムの SAP HANA Transport for ABAP リポジトリー(HTA リポジトリー) に同期し、移送依頼に追加できます。

詳細は SAP HANA / HALM ページの CTS セクションをご覧ください。

クラウド環境では、1 つのアカウントから別のアカウントに変更を移送することがあります。また、ハイブリッドランドスケープではオンプレミス移送に接続される場合もあります。

 

詳細は SAP Cloud Platform ページの CTS セクションをご覧ください。

LM(ライフサイクル管理)オートメーション

Lifecycle Management Automation 1.0 SP 01 のスタンドアロンタスクマネージャー

SAP システムの設定と検証の自動化のためのフレームワーク / ランタイムエンジン

Lifecycle Management Automation 1.0 SP 01 のスタンドアロンタスクマネージャーの利用

Lifecycle Management Automation 1.0 SP 01 のスタンドアロンタスクマネージャーの利用

Lifecycle Management Automation 1.0 SP 01 のスタンドアロンタスクマネージャーの利用