サポートパッケージスタック方針

一般的なサポートパッケージ適用に即したサポートパッケージスタック方針

多くのお客様は、本稼動で使用している各 SAP アプリケーションに対して年に 1 回から 4 回の計画メンテナンスを行っていらっしゃいます。通常、こうした計画メンテナンスは SAP アプリケーションのすべてのコンポーネントが対象となります。

ただし、実際に計画メンテナンスを行う頻度は以下のようなさまざまな要因に左右されます。

  • お客様側の個別の状況(製品、本稼動ステータスなど)  
  • SAP アプリケーション自体の状況(技術的な条件、法改正など) 
  • 最新のサポートパッケージまたはパッチレベルで稼動していることによるメリット(特に SAP サポートが必要な場合)
  • 既知のエラーによる運用のリスク推定(不必要な費用負担や緊急対応の必要性など)
  • 計画メンテナンスの推定コスト

計画メンテナンスの最適なタイミングと頻度を定義するための一般的なルールを策定するのは難しいため、状況に応じて何が最適か判断する必要があります。ただし、上記のリスクの増大を回避し、問題を未然に防ぐために、少なくとも年に 1 回、できれば 2 回から 4 回の計画メンテナンスを行うことを推奨しています。

SAP では、プロアクティブな計画メンテナンスにより、利用可能な最新のサポートパッケージスタック(SP スタック)が適用され、1 年以上前の SP スタックが使用されていないことを前提としています。それにもかかわらず問題が発生する場合には、SP スタックで記載された内容よりも新しいサポートパッケージまたはパッチの適用をお願いすることがあります。

近い将来に SAP アプリケーションのアップグレードや拡張パッケージ の適用を行う予定がある場合、アップグレード等価性情報に留意する必要があります。アップグレード等価性により、元のリリースと対象のリリースのエラー修正レベルが一致します。

つまり、元のリリースに適用されているサポートパッケージレベルと等価または上位のサポートパッケージレベルにあたる対象リリースへのアップグレードが可能です。したがって、アップグレードを開始する前に、元のリリースと等価のサポートパッケージレベルが対象リリースで利用可能なレベルであるかを確認してから、元のリリースで最新の SP スタックを適用することを推奨します。

元のリリースで適用されているサポートパッケージは、対象リリースに対して該当する等価のサポートパッケージが適用される必要があります。これは、SAP NetWeaver、SAP アプリケーション、アドオンなどが該当します。
通常、元のリリースには等価性の対象リリースより低いSP スタックのサポートパッケージレベルが適用されるべきではありません。

計画メンテナンスとは別に、予期せぬ問題をできる限り速やかに最小限の工数で解決しなければならないことがあります。そのような場合、影響を受けるコンポーネントのテクノロジーと問題の種類に応じてさまざまな方法が利用できます。ABAP ベースの修正指示は局所的かつ特定の問題を解決し、カーネルパッチは特定の問題を解決するというより技術的な原因による複数の問題を解決します。


計画メンテナンスと個別の修正を総合的に組み合わせて相互に連携

SP スタックの方針では、計画メンテナンスとその間に提供される個別の修正を総合的に組み合わせて相互に連携させます。  

  • SP スタックの四半期または半期の頻度は、計画メンテナンスの頻度と合いますが、これは計画メンテナンスを必ず四半期ごとに実施する必要があるということではありません。上述した要因によって、新しいサポートパッケージレベルまたはパッチの適用が必要となるような問題がない場合、SP スタックを当初は「先送り」することもできます。このように先送りされたサポートパッケージは、次回の SP スタックで適用することができます。
  • SP スタックは、サポートパッケージレベルの組み合わせをあらかじめセットして提供するものであり、例外的なケース(特定の問題の解決策がほかにない場合)以外では逸脱しないようにしてください。組み合わせの変更は最小限にとどめ、できる限り局所的にすることをお勧めします。
    もちろん、全般的な環境に問題があったり、問題が発生するおそれがある場合には、次のサポートパッケージを予防的に適用することができます。しかし、多くの場合、SAP Notes の修正指示またはパッチを適用することにより局所的な修正が可能です。
  • SAP HR アプリケーションでは、法改正に対応するために SP スタックの「標準」頻度と比べて高いメンテナンス頻度が必要となります。したがって、追加のサポートパッケージまたは国別法改正パッケージ (CLC) が 2 つの SP スタックの間に提供されます。通常、SP スタックには SP スタックリリース日時点の最新の HR サポートパッケージレベルが含まれます。SP スタックのリリース日の後、直ちに計画メンテナンスフェーズを始めると、最新の HR サポートパッケージも提供されます。計画メンテナンスを暫くしてから始める場合は、法的要件を満たすために利用可能な最新の HR 法改正を SP スタックと同時に適用する必要があります(まだ適用していない場合)。
  • 本稼動で使用されていない SP スタックに含まれるソフトウェアコンポーネントは、使用されているコンポーネントと技術的または論理的な依存関係が存在しない場合、SP スタックの適用中にパッチをあてる必要がありません。
    ただし、使用されているコンポーネントのサポートパッケージまたはパッチレベルが SP スタックで必要とされる組み合わせよりも低くなってはなりません。

SP スタックに関する予期しない問題が特定された場合、通常は少数のお客様にしか影響しません。したがって、大部分のお客様に対する一般的な推奨事項を変更する必要はなく、計画メンテナンスのスケジュールが遅れることもありません。

その代わり、SAP はリリース情報ノート (RIN) ですべてのお客様に対し、SP スタックの一般公開と、必要に応じて最優先の既知の問題について通知します。また、重大なエラーについては、これまでどおり HotNews でも通知されます。
あらゆる種類のサポートパッケージに関連するサイドエフェクトについての情報は SAP Support Portal で特別なレポートツールを使用して取得できます(クイックリンク: ナレッジベース >> SAP Notes のサイドエフェクト)。

通常、SP スタックの一般的な推奨事項はおよそ 3 カ月から 6 カ月にわたり変更されませんが、問題があればその都度通知されます。SP スタックのサポートパッケージの確実な組み合わせで集中的に対処することで、潜在的な問題の早期の検出と解決が容易になります。SP スタック定義には、すべてのお客様に関係するとみなされたパッチが含まれています。

SP スタックのサポートパッケージレベルから逸脱するのは、事実上 SAP Note やパッチの適用と同等であり、問題がある場合や特別な場合(法改正、プロジェクトや導入が進行中のお客様など)に限ることをお勧めします。また、これは、SP スタックのリリース後に作成され、次の SP スタックに含まれることになるサポートパッケージまたはパッチにも当てはまります。

最新の SP スタックで定義されているものよりも新しいサポートパッケージやパッチが SAP Service Marketplace に存在することがあります。しかし、何も問題がない場合は、SP スタックに指定された組み合わせを使うことを推奨します。スタック間に作成されたサポートパッケージまたはパッチは、上述した特別なケースを対象としています。

追加でインストールしたコンポーネント(アドオンなど)には追加のサポートパッケージが必要な場合があります。それらが SP スタックのダウンロードに含まれていない場合は、SAP Service Marketplace からマニュアルでダウンロードしてください。