SAP サポートパッケージスタック

特定の製品バージョンに対して同時に適用できるサポートパッケージとパッチのセット

SAP は、すべての修正を適用できるように、サポートパッケージスタックを定期的に(少なくとも年に一度)適用することを推奨しています。品質を最適に保つため、最小要件に注意し、スタックとしてまとめられている指定のサポートパッケージとパッチを適用してください。

サポートパッケージスタックについて

サポートパッケージスタックを適用することにより、本稼動アプリケーションを最小限の総所有コストで定期的に最新状態に保つことができます。

必要最小限レベルのサポートパッケージスタックを適用することで、サポートパッケージとパッチを組み合わせる手間が省け、メンテナンス作業をより柔軟に計画できるようになります。以下のようなメリットも得られます。

  • ほかの関連コンポーネントの個々の最小要件を満たすことで、修正が容易になり、より高い品質を実現できるため、単体のサポートパッケージの品質が向上します。
  • SAP でのテストアクティビティは、サポートパッケージスタックの必須の組み合わせサポートパッケージスタックに対してより集中的に行われるため、その組み合わせの品質や適合性が向上します。
  • スタックの専用ダウンロードページから、必要なサポートパッケージとパッチを容易にダウンロードできます。
  • サポートパッケージスタックの適用に関する指示に従うことで、対応するサポートパッケージとパッチの適用に要する時間と手間を省くことができます。
  • 潜在的な問題を未然に防ぎ、問題が発生した場合でも迅速に解決できるため、最終的には運用コストを削減することができます。

アップグレードまたは導入プロジェクトが進行中のお客様には、最小限の推奨レベル以上のものが必要になる場合があります。

製品バージョン

  • SAP 製品バージョンは、サポートパッケージスタックを使用することでサポートされます。
  • サポートパッケージスタックは、それぞれコンポーネントバージョンごとに表示されます。
  • 記載されているサポートパッケージはスタックの主要部分です。
  • 各製品バージョンの詳細情報は、こちらからご確認ください。