SAP Enterprise Support

SAP Enterprise Support は、お客様のランドスケープを問わず、成功に向けたプロアクティブなサポートを提供します。お客様とともに目標を設定し、明確なサポートエンゲージメント計画に沿って、今日の複雑なビジネス課題に対処しながら、既存の IT 資産の活用、運用の最適化、SAP の最新イノベーションの導入をお手伝いさせていただきます。SAP は問題の解決に留まらず、ビジネスパートナーとしてお客様のビジネス目標達成を積極的に支えていきます。

プロアクティブサポートの柱

SAP Enterprise Support のクラウド版

SAP Enterprise Support, cloud edition サービスは、SAP のすべてのクラウドサブスクリプション契約に含まれる基本的なサクセスプランです。SAP Enterprise Support Academy プログラムの学習リソースをご活用いただきながら、全社規模でのクラウド導入を成功に導きます。サービスには、Expert ChatSchedule an Expertナレッジベースなど、次世代サポートの機能が含まれています。SAP Enteprise Support 契約で利用できるサービスとツールについては、SAP Enterprise Support スタートガイドのプレゼンテーションをご覧ください。

クラウドサポートコラボレーション

SAP パートナーが提供する、SAP クラウドソリューションの導入・運用サービスを利用するお客様にとって、パートナーによる質の高いサポート関連サービスは不可欠です。

クラウドサポートコラボレーションは、SAP とパートナーの連携を通して、質の高いサポート関連サービスの構築を支援します。

これにはサポート認定コンサルタントの配置、サポートスタンダードに関するベストプラクティスへの準拠、およびサポートソリューションの利用が含まれ、以下を実現します。

  • 技術的な問題に対する対応の迅速化
  • SAP の導入ベストプラクティスの採用促進
  • プロジェクトやサービスイノベーションの費用対効果の最大化
  • お客様のビジネス上の成果の最大化

パートナーがクラウドサポートコラボレーションのメリットを生かすための重要な要素は以下のとおりです。

SAP Enterprise Support Guides

SAP Enterprise Support Guides プログラムは、SAP S/4HANA プロジェクトの準備フェーズから本稼動開始までの間、フェーズに合わせて規範的なガイダンスを提供します。このプログラムにより、SAP Enterprise Support の実績あるサービスが、新しいプロジェクト方法論に紐づけられます。

SAP Enterprise Support Guides の詳細

The SAP Enterprise Support Advisory Council

SAP Enterprise Support Advisory Council (ESAC) は SAP Enterprise Support をご契約されているお客様を対象としたジャパン SAP ユーザーグループ(JSUG)との戦略プログラムとなり、SAP Enterprise Support を最大限に活用していただくためのトピックを用意して取り組みを進めております。

SAP Enterprise Support の料率

新規購入に対する、SAP Enterprise Support の表示価格は、2025 年まで 22% が維持されます。

また、2019 年以降、既存の SAP Enterprise Support 契約に対して、初期間 (※ 1) と最初の更新期間(※ 2) の間、SAP が料率を引き上げることはありません。 

2019 年より前に締結した SAP Enterprise Support 契約については、2020 年まで料率を引き上げないという従来のコミットメントが引き続き有効です。

※1  初期間(Initial period):現年の残りと翌年いっぱい(例:2021 年 2 月に契約締結 → 初期間は 2022 年 12 月まで)

※2  初期間の翌年いっぱい(上記の例では、最初の更新期間は 2023 年 12 月まで)

ヘルプ & 資料