S ユーザーの有効期間

企業の機密情報を保護し、GDPR のコンプライアンスを徹底するため、SAP は 2020 年 6月 2 日よりすべての S ユーザーに有効期限を設定し、お客様とパートナーによるユーザー管理をサポートしています。S ユーザーの有効期限は、ユーザープロファイルで確認できます。管理者は、ユーザーアカウント管理のアクティビティに関連する詳細情報をユーザー管理アプリケーションで確認できます。

S ユーザーの有効期間プロセス

フェーズ 1:有効

  • S ユーザーの有効期間とともに、S ユーザー ID の「有効期限」が設定されます。つまり、すべての新規ユーザーに、デフォルトで 24 カ月の有効期間が設定されます。
  • 管理者は、必要に応じて有効期限を変更できます。
  • すべての S ユーザー ID に対し、有効な電子メールアドレスが必須になりました。

フェーズ 2:期限切れ間近

  • 期限切れ間近のフェーズは 90 日間です。
  • S ユーザーが期限切れ間近のフェーズに入ると、直ちに管理者に通知が送信されます。これらの通知が送信された時点では、S ユーザーへの影響はありません。
  • S ユーザーには、S ユーザー ID の有効期限に達する 30 日前、14 日前、2 日前の 3 回、電子メールによる通知が行われます。
  • 管理者は、各ユーザーの S ユーザーの有効期間を延長するか、そのまま期限切れにするかを選択できます。また S ユーザー ID はいつでも削除することができます。注記:一括更新も利用できます。
  • S ユーザーは、セルフサービスを利用し、自分の ID の有効期限延長をいつでも依頼できます。注記:S ユーザーは有効期限に何らかの変更が行われると通知を受け取ります。

フェーズ 3:期限切れ

  • 有効期限に達してから 90 日間、S ユーザー ID は無効化されます(この時点では S ユーザー ID は削除されません)。
  • 無効化された S ユーザーは、SAP のプラットフォームやシステムには認証されなくなります。
  • S ユーザーには、有効期限切れに関する確認通知が送信されます。
  • 管理者は、ユーザー管理アプリケーションで期限切れの S ユーザーを確認できます。
  • まだ削除されていない S ユーザー ID は管理者が再有効化できます。

フェーズ 4:削除済み

  • 有効期限が切れてから 90 日が経過した S ユーザーは削除されます。
  • 管理者は、削除された S ユーザー ID を削除から 12 カ月間は表示できますが、再有効化することはできません。 
  • 削除された S ユーザー ID で SAP システムに再びアクセスする必要がある場合、管理者は、該当する個人に対して S ユーザー ID を新規登録する必要があります(削除された S ユーザー ID はすでに存在しません)。 
  • 注記:削除された S ユーザー ID は、SAP でも復元できません。
  • 削除された S ユーザーの履歴も、SAP システムから完全に削除されます。

よくある質問 (FAQ)