ハイブリッドソリューションの管理

アプリケーションライフサイクル管理のベストプラクティス

クラウドへ移行し、SaaS (Software as a Service) アプリケーションを使用するお客様が増えています。ただし、これらのお客様はオンプレミスやハイパースケーラー(大規模クラウド事業者)でデプロイされたビジネスアプリケーションも引き続き運用しているため、IT ソリューションがハイブリッド化されています。

アプリケーションライフサイクル管理はハイブリッドソリューションの重要なトピックであり、クラウドとオンプレミスをまとめる必要があります。これを最適に実現する方法について、すでに多くの質問が寄せられています。

ナレッジトランスファーを広げるため、SAP はベストプラクティスを一連のホワイトペーパーにまとめ、ここに公開することにしました。

インテリジェントエンタープライズのサービスデリバリーインフラストラクチャ

インテリジェントエンタープライズスイートやクラウドサービスの進化と普及が続き、新しいサービスパラダイムが広がっています。技術的なインフラストラクチャ評価の代わりにビジネスデータおよび使用分析を活用する中で、高付加価値サービスの提供をサポートし、エンド・ツー・エンドのハイブリッドランドスケープにおけるあらゆるタイプのソリューションデプロイメントに対応するため、SAP のサービスデリバリーインフラストラクチャを調整する必要性が生じました。この文書では、改善されたインフラストラクチャを最適に活用し、提供されるサービスの価値を最大限に引き出す方法について説明します。

 

SAP ソリューションのアジャイル型の導入と保守

この文書では、SAP ソリューションのアジャイル型の導入と保守のプロセスに焦点を当てています。主な目標は、導入アプローチを標準化し、オンプレミスソリューションとクラウドソリューションを含むランドスケープ全体をサポートするフレームワークをお客様に提供することです。これにより、総導入コストを削減し、導入を迅速化してその予測可能性を高め、最初の本稼働開始後における運用と保守の全体的な安定性を確保します。前述のように、この文書では、お客様の状況と導入範囲に応じ、オンプレミスソリューションとクラウドソリューションを組み合わせたハイブリッド導入に焦点を当てています。